Arch Linux インストール (1)

インストールメディアを起動
ここから、Arch Linux のインストール作業に入ります。

初めて Arch Linux をインストールする場合は、VirtualBox などの仮想環境上で、一度手順を確認してみることを強くお勧めします。

また、ネットに繋がる環境が、インストール先のパソコン以外にない場合、万が一インストール時につまづくと、情報が得られなくなって大変なので、ライブ起動が行える他のディストリビューションのインストール CD/DVD を一つ作っておくと、何かあった時の保険になります。
VirtualBox での起動方法
一度仮想環境上で試したいという場合は、VirtualBox をお勧めします。

# VirtualBox - ArchWiki

まずは、VirtualBox を起動後、仮想マシンを新規作成して、設定を行います。
基本的には、ほぼデフォルトで構いませんが、HDD 容量は 50 GB 以上にしておいたほうが良いです。

以下、新規作成後の設定方法です。

EFI 有効化
「システム → マザーボード → 拡張機能: EFI を有効化 (一部の OS のみ)」 にチェックを入れると、UEFI モードで起動させることができます。
OFF の場合、古い BIOS モードとなります。

実際にインストールするパソコンが UEFI に対応していて、UEFI でインストールを試したい場合は、ON にしてください。

実行環境が BIOS か UEFI かによって、インストール時に、処理が異なる箇所があるので、自分の環境に合わせて設定してください。
2011 年頃以前の古いパソコンでない限り、UEFI を使う場合がほとんどだと思います。

ISO ファイルをセット
仮想環境上の光学ドライブに、Arch Linux の ISO ファイルをセットして、直接起動させます。
設定画面から、「ストレージ」 でセットしてください。

  • 設定で EFI を有効にした場合、「コントローラー:IDE」 の方にセットすると、最初の起動時に時間がかかります。
    うちの環境では、SATA にセットすると、黒画面での待ち時間が 18 秒くらいで、IDE だと 1 分と少しかかりました。
    この差は結構大きいので、セットするなら SATA の方が良いです。
  • EFI を無効にしている場合、SATA の方にセットすると、起動できません。IDE にセットしてください。

ISO ファイルをセットする場合は、「コントローラー:IDE」 か 「コントローラー:SATA」 を選択し、「ディスク+」 の左側のアイコンをクリック、「ディスクを選択」 で、Arch Linux の ISO ファイルを選択します。
パソコン上での起動方法
インストールメディアをドライブにセット、または USB メモリを刺した状態で、パソコンを起動/再起動してください。

ブートメニュー
USB メモリの場合や、自動でインストールメディアが起動しない場合は、PC 起動後にブートメニューを表示して、起動させるデバイスを選択する必要があります。

マザーボードによって、ブートメニューを表示させるためのキーは異なりますが、起動時のロゴ画面で、F11F12 キーなどを押すと、ブートメニューが表示され、現在接続されているデバイスのブート情報から、起動させるものを指定することができます。

ロゴ画面に各キーの情報が表示されている場合もありますが、各マザーボードの説明書などで確認してください。

項目
なお、ブートメニュー内に、同じデバイス名で2つの項目があるかもしれませんが、先頭に UEFI と付いている項目は、UEFI モードでブートされます。
UEFI が付いていない項目は、古い BIOS モードでブートされます。

UEFI でインストールしたい場合は、UEFI が付いている方を選択してください。
基本的には、UEFI に対応しているのであれば、UEFI でインストールしたほうが良いです。

マザーボードが UEFI に対応していない場合や、対応しているが、あえて BIOS モードでインストールしたい場合のみ、UEFI が付いていない方を選択します。
インストールメディア起動後
インストールメディアの起動後は、メニューが表示されます。

一番上の項目を Enter キーで選択、または、何もせずに数秒待つと、インストール作業用としての Linux の起動処理が行われて、画面に経過が表示されるので、少し待ちます。
キーボードで入力ができる状態になったら、作業を開始します。

なお、起動後は、メモリ上に一時的に Linux が起動している状態となっています。

インストールメディア内には、インストール作業に必要なコマンドやツールなどが入っているので、Arch Linux のインストール用として使う以外にも、OS が起動できなくなった時の修復用などに使うことも出来ます。
インストールの流れ
以降は、コマンドライン上で、コマンドを入力したり、ファイルを編集したりする作業になります。

インストールの大まかな流れは、以下のようになります。

  • インストール先の HDD/SSD を準備
  • ネットからパッケージをダウンロード&インストールして、基本環境を構築
  • インストール先で構築した Linux のシステムに入って、設定を行う
  • 実際にインストールした Arch Linux を起動し、自分の環境を構築していく
TIPS
コマンドライン画面で操作を行う上で、覚えておくべきことを記述しています。
入力するコマンドについて
# ls

例えば上記のように、入力するコマンドを説明する際に、左端に書かれた 「#」 は、実際のコマンドライン画面の左側に常に表示される 「root@archiso ~ #」 などの最後の # だと思ってください。

実際に入力する際は、上記の例であれば、"ls" のみ入力し、"#" を打つ必要はありません。

# は、ルート (管理者権限) でログインされていることを示し、
$ は、一般ユーザーであることを示します。

# を表示するのは、管理者権限で実行しなければならないコマンドであるということを示しています。
ヘルプの表示
コマンドのヘルプを表示したい時は、基本的に「--help」オプションを付けて実行します。

ただし、インストール ISO には、日本語のフォントや翻訳データは含まれていないため、すべて英語です。
長いテキストを分割表示する
コマンドのヘルプを表示する際や、コマンドで何かの情報を表示する際、実際のコマンドライン画面上ではスクロールが行えないので、全体のテキストが見られない場合があります。

そういった場合は、コマンドの後に 「 | less」 か 「 | more」 を付けてください。

(例)
# ls --help | less
# ls --help | more

less, more コマンドは、標準入力で受け取ったテキストを、スクロール表示できるようにするコマンドです。
| は、左のコマンドで出力された内容を、右のコマンドに渡す役割があります。

less の場合、上下キーでスクロール、PageUp/Down でページ移動、q キーで終了します。
more の場合、スペースキーでページを進め、最後まで表示すると自動的に終了します。
再起動について
途中で再起動したい場合は、reboot コマンドを実行してください。

# reboot

※実際にインストールした Arch Linux 上では、別のコマンドを使います。インストール作業用の Linux 上では、このコマンドを使います。

インストール途中で再起動した場合は、再びインストールメディアを起動した後、中断したところからインストール作業を続けることもできます。

ただし、再度行わなければならない作業や、実行しなければならないコマンドなどはあります。
どの作業で何を行っているかを明確に理解しておけば、再開時に何をするのが必要で、何が不要になるかは何となくわかります。
インストール前の作業
では、ここから作業を開始します。
キーボードの配列をセット
現在起動している、インストール作業用の Linux 上では、キーボードの配列は英語用 (US) に設定されています。

日本語キーボードを使っている場合は、日本語用の配列に設定しないと、ボタンに書かれたキーを押しても別の文字が表示されるなど、正しいキー入力ができません。

キーボードの各ボタンの割り当ては、各国の言語ごとに規定されていて、ハードウェア上での番号 N のボタンが押された時、どのキーとして出力するかは、設定された配列情報によって決まります。

他の OS のインストール時でも、キーボード配列は常に選択しなければならないことから、キーボード配列は自動では設定できず、ユーザー側が自分のキーボードに合わせて、手動で指定する必要があります。

日本語キーボード (JP106) として設定する場合は、以下のコマンドを実行します。

# loadkeys jp106

設定後、記号などが正しく入力できていれば、成功です。

この設定は、メモリ上で現在起動している Linux においての、キーボード配列を変更するだけです。
インストール ISO を起動した時は、毎回デフォルトの英語配列に設定されるため、起動直後は常に実行する必要があります。


他の配列を探す
他のキーボード配列を使う場合は、"/usr/share/kbd/keymaps" ディレクトリ以下に各配列の設定ファイルがあるので、そのファイル名から必要なものを探して、ディレクトリパスを除いたファイル名を指定します (拡張子は省略可)。

jp106 の場合は、"/usr/share/kbd/keymaps/i386/qwerty/jp106.map.gz" のファイルが使われます。

なお、以下のコマンドで、そのディレクトリ上のすべてのファイルの一覧を表示できます。

# ls -R /usr/share/kbd/keymaps | less

上下キーでスクロール、q キーで終了します。
UEFI モードで起動しているか確認
UEFI モードでインストールするために、ちゃんと UEFI モードで起動しているかどうかを確かめたい場合は、以下のコマンドを実行します。

# ls /sys/firmware/efi/efivars

UEFI モードの場合は、ファイルがいくつか表示されます。
BIOS モードの場合は、上記のディレクトリ自体が存在しません。
次へ
次は、インストール先の HDD/SSD のパーティショニング&フォーマットを行います。

>> インストール (2)