Arch Linux インストール (6)

GUI 環境の構築
GUI 環境には色々な選択肢があるため、ここでは一例として、X11 の環境をインストールする場合を説明します。
GUI 環境について
Windows などでは、OS 自体に GUI の機能が付属しているため、GUI 環境を構築するといった手順は必要ありませんが、Linux では、OS 自体に GUI の機能はないため、各開発者によって作られたパーツを組み合わせて、GUI を構築していく必要があります。

GUI に関するパーツは基本的に、それぞれが一つのパッケージとして、細かく別れていますが、複数のパーツを一つにまとめて、「統合デスクトップ環境」として構築されたものがいくつか存在します。
GNOME、KDE、MATE、Xfce、LXDE、LXQt などが、それに当たります。

GUI 環境の構築で一番楽なのは、これらの統合デスクトップ環境をインストールすることです。

自分で好きなようにカスタマイズしたい場合は、好きなパーツを選んで構築することも出来ますが、それぞれ手動でインストール&設定を行う必要があるため、少し手間がかかります。
フォント
# フォント - ArchWiki

GUI 環境で日本語を表示するためには、日本語のフォントが必須となるので、まずは、GUI 環境で使うデフォルトのフォントをインストールしておいてください。

公式リポジトリには以下のパッケージがあるので、いずれかをインストールしておいた方がいいでしょう。

IPA フォントotf-ipafont
Adobe Source Han フォントadobe-source-han-sans-jp-fonts (ゴシック体)
adobe-source-han-serif-jp-fonts (明朝体)
Noto CJKnoto-fonts-cjk

他には、端末用の欧文フォントとして、「DejaVu Sans Mono」 (ttf-dejavu) がおすすめです。
フォントを手動でインストール
自分でダウンロードしたフォントを手動でインストールする場合は、フォントファイルを、以下のいずれかのディレクトリに置いてください。

通常は、ファイルを置くだけで有効になります。

~/.local/share/fonts
/usr/share/fonts

~/.fonts は現在、非推奨になっています。
おすすめフォント
ブラウザ用には、「Rounded Mgen+」 「MiguMix 1P」。
テキストエディタ用には、「Migu 1M
プログラミング用には、「Ricty
がおすすめです。
ディスプレイサーバーのインストール
「ディスプレイサーバー」は、GUI を使う上で一番基本となるもので、ウィンドウを表示するための機能を提供します。

2020 年現在では、基本的に X11 (Xorg) が使われますが、新しく Wayland が開発されており、いずれはそちらに置き換わっていくことになると思います。

# Xorg - ArchWiki
# Wayland - ArchWiki

しかし、まだ X11 を使う場合が多いと思うので、X11 をインストールします。

# pacman -S xorg-server

他に、環境によっては、ビデオドライバが必要になります。
詳細は Wiki の方で確認してください。

また、ペンタブレットを使う場合は、xf86-input-wacom パッケージが必要になります。
VirtualBox 環境
# VirtualBox/Arch Linux をゲストにする - ArchWiki

VirtualBox 上で Arch Linux をインストールしている場合、ゲスト環境用のユーティリティとして、
virtualbox-guest-utils パッケージが用意されているので、Guest Additions を使わずに、VirtualBox の環境内でそのパッケージをインストールしてください。

インストール時、パッケージの選択が求められますが、VirtualBox 内で通常の linux カーネルをインストールした場合は virtualbox-guest-modules-arch
他のカーネルを使う場合は、virtualbox-guest-dkms を選択してください。
Xorg キーボード設定
# Xorg でのキーボード設定 - ArchWiki

GUI 環境上では、別途キーボードの設定が必要になります。

デスクトップによっては、GUI 画面上で設定できる場合もありますが、そういった設定項目がない環境の場合は、Xorg の設定ファイルを使って、設定を行います。

X11 環境下でも、キーボード配列はデフォルトで英語用になっているので、日本語キーボードに設定する必要があります。

"/etc/X11/xorg.conf.d/10-keyboard.conf" ファイルを作成して、以下の内容を記述してください。

Section "InputClass"
  Identifier      "Keyboard Defaults"
  MatchIsKeyboard "on"
  Option          "XkbLayout" "jp"
  Option          "XkbModel"  "pc104"
EndSection

/usr/share/X11/xkb/rules/base.lst のテキストファイルに、モデル名 (XkbModel) やレイアウト (XkbLayout) の値の一覧があります。

モデル名の中に jp106 は入っていないので指定できませんが、通常は pc104 で問題ありません。
統合デスクトップ環境
統合デスクトップ環境を使うと、ある程度簡単に GUI 環境を構築できます。
最初はこれらを使って構築したほうが良いでしょう。

※統合デスクトップ環境のパッケージをインストールしただけでは、デスクトップを起動できません。

最低限、ディスプレイマネージャを起動時に有効にする作業が必要です。
また、設定ファイルで設定を行わなければならない場合もあります。
デスクトップの選択
# デスクトップ環境 - ArchWiki

上記の中から、好きなものを選んで、各ページで詳細を確認してください。
シンプル・軽量さを求めたい場合は、XfceLXDELXQt がおすすめです。

通常は、デスクトップの各パーツや機能ごとに細かくパッケージが分かれています。

"gnome" や "lxqt" などのパッケージグループでは、統合デスクトップ環境用に必要な複数のパッケージがまとめられているため、そのパッケージグループをインストールしてください。

場合によっては、任意で他にインストールするパッケージもあります。
ディスプレイマネージャ
# ディスプレイマネージャ - ArchWiki

デスクトップのパッケージグループ内に、ディスプレイマネージャが含まれているか確認してください。
デスクトップを起動させるためには、ディスプレイマネージャが必要になります。

「ディスプレイマネージャ」は、Linux の起動後に表示される、GUI のログイン画面を提供するためのものです。
これが存在して、かつ有効になっていないと、起動後はコンソール画面のままになります。

ディスプレイマネージャは、ログイン画面において、起動するデスクトップを選択する機能もあるため、デスクトップに関係なく好きなものを使えます。

各デスクトップで、推奨するディスプレイマネージャが指定されている場合があるので、迷った場合は、使用するデスクトップが推奨しているもので構いません。

デスクトップのパッケージグループ内に、推奨されるディスプレイマネージャが含まれている場合もありますが、含まれていない場合もあります。
その場合は、自分でディスプレイマネージャを選択して、インストールしてください。

特にこだわりがない場合は、lxdm でいいかと思います。

インストール後、必要があれば、ディスプレイマネージャの設定ファイルを編集してください。

ディスプレイマネージャを有効にする
ディスプレイマネージャは、インストールしただけでは有効にならないので、起動時に実行させるために、systemd のサービスを有効にする必要があります。

(サービスを有効にする)
# systemctl enable <name>

有効にするサービス名がわからない場合は、ディスプレイマネージャのパッケージに含まれるサービスのファイル名を確認してください。

$ pacman -Ql <package> | grep .service

上記のコマンドは、指定パッケージに含まれるファイルの一覧を表示し、その中から ".service" が含まれる行を探して、表示します。

例えば、LXDM なら、/usr/lib/systemd/system/lxdm.service が存在します。
拡張子を除いた lxdm が、サービス名となります。
(例) LXQt の場合
ここでは例として、LXQt のデスクトップをインストールする手順を説明します。

まず、パッケージのインストールです。
lxqt 内にディスプレイマネージャは含まれていませんが、SDDM が推奨されているため、そちらを使います。

# pacman -S lxqt sddm

次に、SDDM を有効にします。

# systemctl enable sddm

あとは、再起動すれば、SDDM が起動して、ログイン後、LXQt が動作します。
(ここではまだ再起動しないでください)
日本語IM
# 国際化 - ArchWiki
# Fcitx - ArchWiki

日本語で入力する場合は、入力メソッドが必要になります。

現状では、fcitx + mozc の組み合わせが一般的になると思います。

GNOME の場合は、ibus, ibus-anthy を使ってください。
fcitx
# pacman -S fcitx-im fcitx-mozc fcitx-configtoool

まず、環境変数を設定するため、~/.pam_environment を作成して、以下を記述してください。
(X11/Wayland 両用)

GTK_IM_MODULE DEFAULT=fcitx
QT_IM_MODULE  DEFAULT=fcitx
XMODIFIERS    DEFAULT=@im=fcitx

※ホームディレクトリ上のファイルを操作することになるので、ファイルの作成時は、一般ユーザーでログインしてください。

後は、ログイン後に自動的に fcitx を起動させる必要がありますが、
デスクトップ環境によっては、/etc/xdg/autostart/fcitx-autostart.desktop のファイルが使われて、何もしなくても自動的に起動する場合があります。

そうでない場合は、~/.xinitrc に「fcitx &」を記述して、X 起動後に実行させるか、各ウィンドウマネージャの設定ファイルを使って実行させるかしてください。

Openbox の場合は、~/.config/openbox/autostart 内に「fcitx &」を記述すると、Openbox の起動直後に実行できます。
オーディオ
Linux カーネルには ALSA が含まれているため、普通に音を出すだけなら、何もインストールしなくても構いません。

ただし、アプリによっては、音を出すのに PulseAudio が必須となる場合もあります(FireFox など)。
その場合は、pulseaudio パッケージをインストールしてください。

また、ALSA や PulseAudio は、初期状態でミュートになっているため、Arch Linux のインストール後、音量調節アプリなどを使って、消音を解除してください。

デスクトップによっては、タスクバーなどで簡単な音量調節ができる場合がありますが、PulseAudio で詳細な音量調節を行いたい場合は、pavucontrol パッケージをインストールしてください。

設定項目が少し複雑なため、わかりにくいと思いますが、全体的な出力の音量は、「出力装置」のタブで設定します。
ほか
ブラウザなど、他に必要なものがあれば、インストールしてください。

FireFox の場合は、firefox と、日本語用の firefox-i18n-ja が必要です。

現状で、GUI 環境に最低限必要なものは揃っているため、後は GUI の画面上で作業を続けても良いです。

※ GUI 上でコンソール画面を表示するために、ターミナルエミュレータのアプリは、最低でも1つはインストールしておいてください。

統合デスクトップ環境であれば、パッケージに含まれていると思いますが、
それ以外の場合は、xtermlxterminal などをインストールしておいてください。

ターミナルエミュレータがない場合でも、Alt+Ctrl+2 で仮想コンソールを起動すれば、コンソール画面は実行できます。
その場合は、Alt+Ctrl+1 で元の画面に戻ります。
再起動
GUI 環境の構築が終わったら、ロケールを日本語に設定して、再起動します。

(一般ユーザーの場合、root に戻る)
$ su -

(ロケールを日本語に設定)
# echo LANG=ja_JP.UTF-8 > /etc/locale.conf

(再起動)
# systemctl reboot

後は、GUI 環境で必要な作業を行ってください。

また、Arch Linux を使う上で、定期的に行わなければならないことは、以下のページで説明しているので、そちらもご覧ください。
-> 定期的に行うこと